お尻のおできの治し方!

お尻のおできの治し方!

お尻におできができると生活の中の刺激を受けてとても気になるものともなりますからおできの中でも気になるものの一つでしょう。

お尻のおできの治し方


czxcxcz

お尻のおできって実は結構困っている人が多くいます、おできはお尻だけでなく顔にできても目だって困りますが、実はお尻のほうが困るということもあります。

確かに顔など目だつところの場合には、見た目などが気になってしまいますが、お尻なら人に見られることもなく気にすることもないかもしれません。しかし、お尻の場合には座ったとき痛みがあるので、時に一番気になる部分と言えます。

もともとお尻は座ったりと刺激が多い部分でもあるため、おできも出来やすくなっています。

といっても一言でおできといっても種類があり、種類によっては治し方にも違いがあります。まずはおしりに出来たおできがどのような物かをきちんと確認しておくことが必要です。

お尻のおできの種類

 

お尻のおできの一つにニキビがあります。ニキビというと顔をイメージする人が多いと思います。ですが実際には、皮脂腺のあるところなら、どこでもできるのがニキビです。

お尻というのは座ったときの刺激や洋服の摩擦など、とにかく刺激の多い部分ですから、どうしてもニキビもできやすいのです。

もう一つお尻にできるおできとなっているのが粉瘤となります、これはおできでも腫瘍の一つであり見た目はニキビにとてもよく似ています。

腫瘍と聞くとドキッとする人も多いかもしれません。しかし、粉瘤は良性の腫瘍ですからきちんと治療を行えば大丈夫です、ただし、治療は医療機関で行う必要がありますから、その辺は注意が必要です。

粉瘤の場合には、見た目はニキビのような感じでも自然に治るというものではなく治ったように見えてもまた同じ場所に同じようにでき、これを繰り返すことになります。

何もない状態でも毛穴の部分が少しへこんでいるような感じとなっていますし、毎回同じところにできるので繰り返すようであれば一度医療機関を受診して相談するようにしましょう。

お尻のおできを治すためにはどうしたらいいの?

gtgdfd
お尻におできが出来てしまうと椅子に座ったときなどに違和感を感じてしまったり痛みがあったりと、何かと嫌な思いをしなければなりません。

時には洋服が刺激となって痛みを感じてしまうこともあり、一度出来てしまうと困った存在となります。

おしりに出来たおできの種類によっても治し方には違いがありますが、お尻にできたのがニキビであれば、顔のニキビと同じようなケアをすれば良いのです。

ただしお尻の場合には顔などとは違って常に刺激を受けているので、治りも遅くなりがちですから気をつけないといけません。

お尻にニキビができないようにする!

 

ニキビというと顔にできるものが一般的ですが、ニキビは皮脂腺のある場所であればどこでもできる可能性があります。

お尻にはもちろん皮脂腺がありますし、それだけでなくお尻というとやわらかいイメージを持っている部位ですが実は、体の中でも角質の厚い部位となっていますから自然とニキビもできやすい部位となってしまっています。

ニキビは角質肥厚や皮脂の過剰分泌が原因となってアクネ菌が増えてしまうことが原因となってきますから、この状態を改善してあげることが重要となります。

座っての仕事が多い人の場合には知らず知らずにお尻がむれているということもあります。むれにくい状態を作ってあげたり下着などの素材などに注意することも必要です。

またお風呂に入った際にいすに座って体を洗ったりしているような場合にはシャンプーなどが体を伝ってお尻の辺りにたまり機が着かないうちにシャンプーなどの刺激を受けているということもありますからしっかりとお湯で流すようにする必要があります。

食事などでも皮脂過剰となってしまわないように油っぽいものを控えるようにするなどの努力でできにくい体を作ることができます。

お尻のおできから膿がでちゃったら?

kihhhjhjh
お尻におできができて悪化させてしまい膿が出てきてしまったということもあります。膿といっても多少出るくらいならそれほどたいしたことはないからとあまり気にしないという人も多いようですね。

ですが膿が出るということは化膿しているということになりますから痛みも当然ありますからできるだけ早く治すようにしましょう。

膿といっても治し方はおできの種類によっても違ってきます、お尻にできるものとしてよくあるのがニキビですが、ニキビの場合には膿が出た段階で自分でつぶしてしまうという人もいます。

しかし、これをしてしまうとシミになってしまったり黒ずみの原因となってしまったりしますから、やめるようにしましょう。

膿が出るような状態にまでなると気になって仕方ないということもありますからニキビであれば市販の治療薬で対処することができます。ただしあまり治らないようであれば皮膚科の受診も必要とです。

気になって触ってしまったりするとバイ菌が入り込み状態を悪化させることにもなりかねませんから気をつけましょう。

ニキビではないおできはどうしたらいいの?

 

ニキビはお尻のできるおできとしてはよくあるものとなりますが、ニキビだけでなくもう一つよくできるものに粉瘤がありますが、こちらはニキビとは違って自分で治すことができないおできとなってきます。

見た感じではニキビと変わらないようなものですが、特徴としていつも同じ場所にできるということがあります。毎回同じところにできるようであれば粉瘤を疑ってみると良いでしょう。

粉瘤は良性の腫瘍ですが、必ず治療が必要となるということは泣く気になるようであれば治療を行うようにしたほうが良いというものになります。

ただし膿が出るということはニキビ同様に化膿しているということになり痛みはもちろんですが、腫れてしまったりしますし、膿もにおいがきついものとなっていますから治療を行った方が安心です。

治療は抗生物質で行うこともありますし、手術することもありますからまずは相談するようにしましょう。

お尻におできができないようにする

kikilgh
お尻におできができてしまうと座るたびに痛みを感じたり洋服がすれて痛みを感じたりしてとても不快なものとなってしまいます。

また治すにしてもお尻のおできは場所がそもそもができやすい部位であるだけに治りにくい部位でもありますし、一度できるとその後も繰り返しということもあります。

そのような不快な思いをしないためにはできにくい状態を作ってあげることが何よりも大事なことになります。

お尻はどうしても他の部位よりも角質も厚くなっており、また、座ったりすることで常に刺激が加わる場所でもありますからきちんとケアしていくことが必要です。

洋服などの刺激も大きな原因となってしまったりしますから素材などにも気を使うようにしましょう。

入浴を考えてみる!

お尻におできができないようにお尻を清潔にしておくといっても日ごろからお尻もきれいに洗っているから、それ以上にきれいにしておくことは難しいと考える人もいるでしょう。

でもなかなか気が付かない部分で刺激を与えてしまっていることもありますから注意してみるとよいでしょう。

まずは入浴の際ですが、きれいに洗っているつもりでも実は石鹸などが残ってしまっていたりすることがあります。

というのも座って洗ったりすることで上から流してきたシャンプーなどがお尻に残ってしまっている事も結構ありますが、これに気が付かないことも多くあります。

こういった自分では気が付いていない部分でニキビなどの原因を作ってしまっていることもありますから十分に気をつけないといけません。体を石鹸などで洗うだけでなくそのあとしっかり流すことが大事です。

石鹸で洗っていればきれいになっているということはなくその際の石鹸などが体に残っているとトラブルの原因となってきてしまいますからきちんと洗い流すことに心がけましょう。

 

何をしたら良い?
カテゴリ